楽天銀行カードローンでお金を借りる方法

楽天銀行カードローンに限らず、カードローンを利用する際に気になるのが利息でしょう。借入を受けることは手軽にできますが、そのまま放置しておくとどんどん利息が増えてしまいなかなか返済が終わらないといった事態になりかねません。

 

もちろん楽天銀行カードローンにおいても借入を受けたふんには利息というものが発生しますので、返済時にはその利息分も併せて支払う必要があります。このことから、楽天銀行カードローンの賢い活用法といえるのが、

 

 

「必要な分だけ借入を受ける」というものです。


これはカードローンを利用するうえで基本ともいえることなのですが、実はこれがなかなか難しかったりします。その点、楽天銀行カードローンでは10万円単位で借入を受ける金額を選択することが可能ですので、必要な金額だけ融資を受けることができます。

 

いきなり50万円貸付されたりするといったことがありませんので、ある程度柔軟な対応ができるため、本当に必要な分だけ借入を受ければその後の返済も楽になります。もちろん楽天銀行カードローンで借入を受けることができるお金の使い道については全く制限がありません。

 

事業性資金に使うのでなければ、何に使っても全く問題はありませんので、欲しいものを購入するもよし、車の修理費用に充てるもよし、はたまた投資のための資金に使うといった選択肢もあるでしょう。

 

楽天銀行カードローンでは最大で500万円まで融資を受けることができるワイドな利用可能額と、200万円までの借入であれば原則として収入証明が不要という特徴がありますが、楽天銀行カードローンの活用法としてはいきなり高額の融資を受けるのではなく、少額の借入を受けて返済実績を積み上げるというものが賢い方法といえます。

 

実績が上がればその分楽天銀行との信用も高まりますし、それだけ融通が利きやすくなるといった効果も期待できます。返済のしやすさという点も考慮して、最初の利用についてはあまり高額の借入ではなく少ない金額から融資を受けるといった方法がおすすめです。

銀行のカードローンは低金利?

銀行のカードローンには、消費者金融にはない様々なメリットが用意されています。また、「銀行」という形態についても最近では多様化が進んでおり、たとえば有名な楽天グループの楽天銀行やオリックス銀行nの評判のいいネット銀行のようにインターネットを通して利用できる環境が整った「ネット銀行」もたくさん営業を行うようになりました。

主なネット銀行のカードローン

主なネット銀行金利最高借入額
じぶん銀行カードローン2.4%〜17.5%800万円
イオン銀行カードローンBIG3.8%〜13.8%800万円
セブン銀行カードローン15.0%10万円・30万円・50万円
楽天銀行スーパーローン4.9%〜14.5%500万円
オリックス銀行カードローン レイク3.0%〜17.8%800万円

最近ではじぶん銀行カードローンが人気

携帯電話大手のKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同運営することで知られる「じぶん銀行」もそんなネット銀行のひとつであり、ネット銀行ならではの低金利が魅力の銀行となっています。ネット銀行の利点は、

 

 

通常の銀行と異なり実店舗が存在しないため低コストで運営できるという点にあります。


カットされたコストについては金利という面で反映されるのですが、じぶん銀行のカードローン「じぶんローン」もまた、適用される金利については年2.4%〜17.5%という低金利で利用できるメリットがあります。